admin
Amazonのレビュー件数で商品の優劣を判断してはいけない理由
なるほどなあと思います。
ついついレビューの多いものを買ってしまいますよね。
要は高品質というよりも安心があるように思えてしまいますから。
とはいえ、それだけ数があるということはある程度の星に落ち着くので、大抵平均的で無難なものということであるのも確かなんですが。

しかし、そう考えるとより良いのはある程度の数のレビューに星が良いものがみんな満足しているものということなんでしょうけど、比べているわけではないので、大抵似たり寄ったりな気がします。
一番、わかりやすいのは比べている人のレビューは助かります、本当に。

「大震法」廃止か存続か 「警戒宣言の仕組みは必要」×「国民は地震学に頼らない方がいい」
結局のところ、準備をするということが大事なんだと思います。
自然のことですし、ある程度予測がつくとされている天気でも外れる時がありますし、そして、台風なんて進路は外れている訳ですから。
それを地震に当てはめるとある程度わかるようになっても当てにはならないわけですから。

雨でも準備するのに地震は準備しないというのはないわけで、いつでも起こるかもしれないということの方が大事かなあと。
そういう意味でも天気予報のように情報は必要なのだと思います。
やはり情報によって、注意喚起できますから。

しかし、地震の場合は雨とかと違って、長いというのがネックなんですよね。
やはり自然と行えるような準備の仕方が良いのだろうなあと思います、本当に。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 気まま徒然、日々かきかき, All rights reserved.