admin
[販売戦略]UPQがスマホで焼損事故、4Kディスプレイの誤記に続き弱点が露呈
やはりというところでしょうか。
いくら優秀でも一人だと視点が足りないですし、向き不向きは絶対にありますから。
スピード感などが利点だとしても少人数かつ二つ以上のチェックは必ず必要だと思います。
人間、思い込みや見逃しはありますから。

しかし、製造を他所に投げるとしてもその製品のチェックをしてから出すべきでしょうね。
そこはスピードを落としてもすべきところだと思います。
どう考えても信頼より勝るものはないですから。


ストラディバリウス負けた!聴衆は現代製に軍配
うーん、これは勝ち負けということではないと思います。
どれくらいの価値の現代のものと比べたのかはわかりませんが、ストラディバリウスの価値というのは希少性というものが含んでいるので、実際の楽器としての価値はわかりません。

そして、音の好みというのは違いますから。
現代の音に慣れた耳だと現代製の方が優れているように聞こえるのは当たり前なのだと思います。
ストラディバリウスもその当時の最高の音であったわけで、環境次第だと思います。

しかし、これでわかるのは思い込みというのは強いのだろうなあと思いますし、適材適所、それぞれに価値があるのだと思います。
価値ではその機能と環境に合っているかはわからないというのはあるよなあと思います、本当に。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 気まま徒然、日々かきかき, All rights reserved.