admin
「歩幅」の狭い人は注意して! 認知症発症リスクとの関係〈週刊朝日〉
どちらかというと脳が衰えてきた人が歩幅が狭くなるということが正解だと思います。
歩くということは当たり前のようであって、他の動物が二立歩行をしているのは珍しいし、ロボットですら苦労しています。
そういう意味ではかなり高度なことなので、影響が出やすいのでしょうね。

ならば、その難しいことを毎日することで、脳を活性化するというところではないでしょうか。
ようは少しのところならば、歩くのが一番ということなんでしょうね。

しかし、社会人になるとなかなか歩くというのが難しい人がいるのも事実ですが、休みの時くらいはあるけということなのでしょうね、やっぱり。


絵本「たべてあげる」がトラウマ級に怖いとTwitter騒然 作者「絵本が怖いというのはとても健全なこと」
絵本って、楽しい話しばかりではなく、教訓めいたものがあってしかるべきなんで、正しい姿なんだと思います。
昔話にしろ、グリムにそういうのは怖いものが多いですから。
そして、怖いからこそ教訓になるのではないかと思います。

しかし、最近、昔話でも改変されていますが、本来の教訓が薄れないようにお願いしたいところです、本当に。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 気まま徒然、日々かきかき, All rights reserved.