admin
成長しているのになぜ? 電子出版が軽視される理由
うーん、完全に仕組みの問題ですよね。
個人的には全然電子書籍OKな人ですし、本棚が入らないと困ることもないし、特に残したいというのはないから余計に電子書籍歓迎なんですが。
まあ、残したいものはありますが、もう一度読みたい本というのはなかなかないので、そういうのにめぐり逢えたらあえて、もう一度本を買うかもしれない。
そういう意味では本好きにしては少数派なのかもなと思ったりもします。

正直、出版業者も電子書籍に目を向けて改革を行うことができれば、もう少し経営が持ち直す気もします。
やはりテレビの視聴率と実際の録画も含めての視聴率が全然違うように電子書籍も入れると違うヒット作や売れているものが見えてくると思います。

しかし、こういう構造を変化させるというのは本当に下手だと思います、やっぱり。

Amazonがスタートアップの製品販売をサポートする「Amazon Launchpad」
いいですね。
正直、クラウドファインテングの商品は気にはなっているけれどもなかなか手が出せないなと思っていましたが、アマゾンで販売されるとなると話しは別です。
やはり買いやすいというのが一番大きいですし、人の目につきやすいので、ここからヒットするものも出てくると思います。
そういう意味ではこれから楽しみだなと思います。

しかし、日本だとこういうスタートアップって、なかなか難しいですよね。
そういうのを仕組みとして日本独自のものがあってもなあと思うこの頃です。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 気まま徒然、日々かきかき, All rights reserved.