admin
「アップルの工場を米国に」--トランプ氏がクックCEOに直接要請
うーん、確かににアメリカの雇用は増えるでしょうけど、アップルにとっての旨味が薄いような気がします。
今の端末でも十分に高いのにさらに高くなるでしょうし、その分、競争力が落ちるので、税金対策となっても肝心の売上が上がらなければ、意味がないと思いますから。
そういう意味では難しい選択というところではないでしょうか。
おそらく大規模ではなく、小規模なものになるのではないかなあと思います。
それか、周辺機器関係かもしれない。

しかし、この国際社会、国内での生産に力を入れたいのはどこの国でも同じですが、賃金というのがネックなんでしょうね、やっぱり。
そのあたり難しいところです。
ただ自国の生産ということを売りにできるな商品なら意味はあると思うのですけどね、やっぱり。


皮膚に貼るウェアラブル端末開発 使い捨ても可能に?
一枚100円以下となれば、たしかに使い捨ての可能性が出てきますね。
まあ、電源については問題が出て来るかもしれませんが、人の体温やらスマホからの給電とかそういうのになるのではないかなと思ったりもします。
一体何に使えるのかと思いますが、やはり健康状態の確認や長期の診断というのに使えるのだろうあなと思います。
やはり日常的に自分を知るというのは結構重要な気がしますから。

しかし、これを見ているとどんどん薄くなるのは確定なんですよね。
そのうち紙のような端末が普通に出てくるのかもなあ、本当に。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 気まま徒然、日々かきかき, All rights reserved.