admin
AI小説や絵画などの著作権問題 考えられる課題と方向性
個人的には認めるべきだと思います。
確かにスピードが違うかもしれませんが、作品には違いないですし、そうでないとややこしいことになりますから。
それに今でも大量の数が出ているわけで、類似品というべきものも結構ありますから。

とはいえ、個人的には記事やらまとめ記事程度のものならすぐに出てくるとは思いますが、やはり物語や音楽といったものはなかなか良いというものは出てこないのではないかなと。
やはり感情に訴えるものでないとダメですし、案外理屈だけでなく、思いも入り込むので、なかなか再現が難しいのではないかなと。
おそらくどこまで見たような再現か、違和感があるものになりそうな予感がします。
そのあたりはAIが感情を理解するまで機械的なものになるのではと思うのです。
おそらく佳作止まりのものが多くできるのではなおなあと。
案外、荒いけど、面白い小説って、結構ありますから。

しかし、ヒットするかは別なので、そのあたりは難しいところかな。
ドラマのタイアップやら一見良く感じるものならできそうですし、そのあたりはしょうがないところかなと思います、やっぱり。

<活断層>政府、地図の掲載倍増 警戒対象M7をM6.8に
結局のところ、どこにでもあるというのが正解な気がします。
そのための準備が必要ですし、国もそのための準備をして欲しいところです。
それに今回のように下手に隠すより出した方がましだとつくづく思った。

しかし、本当に多いなあ。
日本だと人が生きていく上で、一度は大きな地震にあうかもしれないなと思いますね、本当に。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 気まま徒然、日々かきかき, All rights reserved.