admin
131億光年先の銀河で酸素観測 最も遠い宇宙で成功

そんなに遠くのものをどうやってという気がしますが、そのあたり凡人には理解できないところなんでしょうか。
ただ一ついえるのは星の成り立ちの過程を知ることができるかもしれないという事実だけかもしれない。
とはいえ、そんあことは学者さんに調べてもらって、結果を知ることを首を長くして待つかなあというところです。

しかし、こういうのが出てくると技術は発展したなということを実感できる一つかもしれませんね。
そして、131億年前の光、うん創造がつかないですね、本当に。

驚き! 「擬似月」の小惑星を地球付近に発見 共に太陽を周回
今まで気がつかなったというのも驚きですね。
おそらくですが、月の存在が大きすぎて、見ていないからということで、近くを調べなかったというところなんでしょうね。
まあ、小さいとのもある思いますが、思い込みというのが大きい気がします。
突然、近くに小惑星があるといわれてもピンと来ませんが、そのうち小説か、映画かで、それを利用したような物語が出来そうな気がするなあ。

しかし、まだまだわからないことだらけですし、本当に興味深い限りです、本当に。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 気まま徒然、日々かきかき, All rights reserved.