admin
人工知能作品に「著作権」=法整備へ—政府知財本部
この判断がどう評価されるのかはもっと後のことになりそうですね。
正直、今の段階じゃピンと来ないですし、必要かどうかもわかりませんから。
もし、AI自身が個性のようなものを持つくらい分岐するようになれば、必要になってくるかもしれません。
本当にこればかりはなんともいえないなあという感じです。

しかし、著作権がとれるほどAIが発達した未来がどうなっているか、楽しみでもあり、怖いところでもありませね。
正直、想像もつかない世界が広がってそうですね、本当に。

もう運転免許は要らない、グーグルが描く自動車の近未来予想図
こうなると感覚的にはバスや電車というところでしょうか。
AIがその運転手というところなんでしょうね。
まあ、正直、楽ですし、通勤にも使えるし、安全ということで、嬉しいかなあと思います。
車を運転するのが好きな人にとっては面白くない世界かもしれませんが、もし、そういう世界になれば、スポーツとして変わっていくのかなあと思います。

とはいえ、高齢化社会になって、車の運転の問題が出てきていますし、そういう世界は望まれる気がします。
やはり田舎なんかは特にその傾向が強いですししね、やっぱり。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 気まま徒然、日々かきかき, All rights reserved.