admin
手の甲がディスプレーに 貼れる極薄有機EL、東大開発
すごいですね。
こんなに薄いのに文字が表示できる機能があるとは。
そのうち健康器具や壁やガラスに貼るようなものがでてきそうな感じですね。
応用範囲が広いだけにいろいろな場面見ることができそうですし、アイディア次第で驚きのギミックの商品ができそうです。

しかし、ここまで来るとSFの光景がすぐそこにという感じがしますね、本当に。

気象庁「地震の今後の展開は予測できない」
今のところ、それが限界なんだと思います。
実際のところ、起こりうるパーセントもだいたいだろうし、実際のところは起こりやすくなっているけれども、いつ起こるかなんてわからないのが現状なんだろうなあと。
正直、地球規模ですから年数も10年や20年規模ではなく、何百年、何千年規模でみないと大きな流れは読み取れないのではないかなと。
そういう意味では長寿の地球は生き物といえるわけで、予測は難しいのだろうなあと。

とはいえ、今はわからなくともそのうちわかるかもしれないですし、何より起こった時のための対処をするのが一番良いのだと思います。
それならいつ起ころうが効果がありますから。
しかし、その意識を保てないのが人ですからやはり習慣づけが必要だし、そして、建物などある程度長持ちするものから手をつける必要があるのでしょうね、やっぱり。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 気まま徒然、日々かきかき, All rights reserved.