admin
「VR元年」バーチャルリアリティの大航海時代が始まった
見た感じ少し前の3Dゲームの画面というところでしょうか。
それが動き、連動するとなるとなかなかに迫力あるでしょうね。
アトラクションが家に来るとなるのでしょうし、これは面白そうです。
そして、数年たった頃にはかなりリアルなものが出てくるのではないでしょうか。
映像の技術と3D関係の進歩は早いですしね、やっぱり。

しかし、とはいえ、ゲームにしろ映像にしろ、驚かれるのは最初だけなんで、いかにこのギミックwいかしたものを作らないと駄目でしょうね。
やっぱり人間は慣れる生き物ですから。

米グーグル:生鮮食品の即配サービスに参入、アマゾンなどと競合
グーグルも参入ですか。
やはりそれほど需要があるということなのでしょうね。
特にアメリカだと都会以外だと歩いてすぐに店があrというわけではないでしょうし、車が必須となると面倒ということもあるのでしょう。
そういう意味でもかゆいところに手が届くというのはお金をかけてでも利便性がまさるということなのかな。
そして、企業側からしても囲い込みという意味でも効果があるでしょうね。
グーグルあたりだと地図や自動運転やらドローンも活用できるでしょうし、そういう部分も視野に入っているのでしょうね。

しかし、一方日本だと歩いていけんば、あるし、似たようなサービスwしているところがあるので、生鮮食品だけだとそこまで需要は大きくないかもしれません。
ただそれがアマゾンのように様々の買えて、当たり前になってくると案外使ってしまうのでうよね。
そういう意味では潜在的なスーパーの脅威というところでしょうか。

しかし、日本だと田舎の方が使われるかもしれないですね。
そちらの方が利便性は高いでしょうし、意味はあると思います。
ただコストやらそういうのを解決しないといけないのが問題でしょうけどね。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 気まま徒然、日々かきかき, All rights reserved.