admin
<視覚障害>社会参加にスマホの可能性 タッチ画面の解決を
視覚障害とスマホって、感触がないからっこそあまり合わないのではと思っていたのですが、なるほど音声、振動とカメラですか。
それにGPSなんかをつなげれば、目や案内役の代わりになることができるということでしょうか。
まあ、まだまだこれからの技術なんでしょうけどもウェアブ端末との組み合わせなんかで、さらに進化しそうですね。

しかし、スマホの次はどんなものが来るんかが気になる。
延長上のものなのか、まったく違うものなのか、楽しみですね、本当に。

IBMの人工知能「Watson」、料理本を発売へ--考案したレシピを収録
面白そうですね。
忌避感や常識がないから強いというのはコンピュータにかぎらず何でもそうですし、意外な組み合わせこそが最良なことって、結構ありますよね。
おそらくコンピュータのそういうところは強みでしょうし、一点特化となれば人はかなわない気がします。

まあ、味、見た目、栄養といろいろと足していくとまだまだ人の方が優れているのだとは思います。
ただそのうち越されるのではという気がしなくもない。

しかし、一ついえるのは常識などの柵のない知識というのは大事なんだよなあとは思った。
どうしても縛られるからなあ、人の場合は。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 気まま徒然、日々かきかき, All rights reserved.