admin
「日本の損失」「信じたくない」=ジャーナリスト仲間ら落胆―後藤さん殺害映像
本当に残念な結果となりましたね。
正直、駄目からもしれないが、もしかしたらと思っていましたが、甘くはなかったというところでしょうか。
今回の件で、やはり日本は平和だということを感じたのと同時にそれだけでは駄目なのだろうなと思ってしまった。

そして、文化の違いやそういう国民の違いなどを知らないといけないのだろうとも思うところです。
どうにもお互いで食い違っていたし、おそらく向こうも日本自体の反応が予想外だったのではないかと思います。
なにせ人質開放に変に盛り上がることもなく、ある意味、冷静、でも、コラなんかして遊ぶ人もいたりと良くわからない異質に思えたでしょうしね。
そして、日本もある意味、楽観的な部分もどこかにあったような気もします。
本当、対話にならないというのも難しいところです。

しかし、したことは許されることではないです。
そして、後藤さんにはご冥福を祈ります。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 気まま徒然、日々かきかき, All rights reserved.