admin
<血液型>病気リスクに差 膵臓がんになりにくいO型
O型の自分としては嬉しいところですが、まあ、ウイルスに強いというだけで他に問題がありそうですね。
おそらく世界で血液型の多さの差異があるのは淘汰の結果でしょうし、どれが強いと一概にいえないのが事実といったところでしょうか。

まあ、この多様性があるからこそ何らかの病気がウイルスが流行ったとしても生き残る可能性があるのだろうなあと思います。
ところで血液型の占いなんかありますけど、あれは日本特有のものらしいですね。
とはいえ、一概にはずれているとはいえないのもまた不思議。
統計的に集まれば、世界ではともかく日本ならではの環境においては当たるのかもしれませんね。

しかし、血液型も何百年後となると勢力図が変わっているのだろうなあ、本当に。

5年ぶり この夏エルニーニョ現象発生か
寒い夏に暖かい冬といわれると過ごしやすくて嬉しいところなんですが、実際のところ、問題が多いのでしょうね。
まあ、温度の実感的にもかもしれない程度にしか感じないというのもありますし、それ以上に作物の不作や雨の問題がある訳ですから。

個人的には昨今、雨などの被害が多いのにさらに増えたらもう…という感じです。
まあ、しかし、今年も要注意の天気となりそうですね、本当に。

STAP作製法「今すぐ公開すべきだ」…米学者
もうこれは致し方ないところなのかもしれません。
信頼を取り戻すためには実際に周知のところでの実践しかない気がします。
ただまあ、技術の公開の線引きが難しいのは確かですが、この技術を埋もれさせないためならば出すしかないような気がします。

まあ、STAP細胞が本当ならばという条件がつくわけですけどね。
ただこのニュースでわかったのは作成方法が4つもあるということ。
これが本当ならば、STAP細胞が本当にあったとしても作り方やなぜできるのかなどの肝心な部分が確立できてないのではないかという気がしなくもない。

しかし、まあ、そう考えるとまだ早かったのではないかなあという気がする。
どちらにしても今後の展開次第ですね、やっぱり。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 気まま徒然、日々かきかき, All rights reserved.